スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花香 里親再募集です
花香の応援をして下さった皆様ありがとうございました。
拍手コメントもたくさんいただいていたのに、
今頃になってたくさんの拍手コメントに気が付きました。
本当に失礼しました、そして、ありがとうございました。
また、進んでいこうという気持ちが湧いてきました。

運命に翻弄されるということはこういうこと?
などと思いつつ、花香にこれから私は何をしてあげられるのだろうとここ数日考えていました。
トライアル前は、里親さんにバトンタッチをして、
花香ができる範囲の社会化をしていってもらうことがいいのではと考えていましたし、
Hさんともそのような話をしてきました。
そうすることで、里親さんとの信頼関係が強まるはずと。

でも、それは、こうして花香が私の手元にいるとしても同じ事。
ゆっくりと花香のペースで慣れることのできることから手伝ってあげよう。
里親さんと共に歩んでいくことのほうが、
花香にとっては比べものにならないくらいいいことと思いますが、
その日がくるまでは仮母として寄り添っていきたいと思っています。

里親さんが手をあげてくださるまで・・・



☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚' ☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚' ☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚' ☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚' 



DSCF9704.jpg

残念なことですが、里親希望の奥様が急遽ご両親を介護しなければならなくなり、
花香の面倒をみることができなくなってしまいました。
私のうちでも両親は健在ですが、それ相応の年になっていますので、
Hさんのご都合は自分に当てはめて考えたらとてもよく理解できます。
花香には可哀想なことでしたがこればかりは仕方ありません。

トライアル中Hさんには、花香に本当によくして頂きました。
お陰様でうちに帰ってきても花香はとても落ち着いて過ごしています。

今日の庭での様子です。
高校生でしょうか、男の子二人が道路を通りましたが、落ち着いて眺めていました。

[高画質で再生]

hanaka

[広告] VPS

トライアル前にはごっそり抜けて心配していたアンダーコートも
とてもきれいに生えてきました。
この冬にはフワフワモコモコのゴージャスポメちゃんに変身しそうです。

HさんよりCATNAPに多額の寄付金と、
花香にフード・ハーネス・リードのご寄付を頂きました。
トライアル中は花香も静かに生活ができ、
幸せなひとときを過ごさせていただいたことでしょう。
本当にありがとうございました。


それでは、また花香の募集を再開いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村




トライアル開始
いよいよ花香のトライアルが始まります。
花香を乗せて車は一路、千葉県印旛郡へ。

DSCF9505.jpg

もう、Hさんと花香が会うのも4回目です。
Eggiさんにアドバイスをしていただいたように、
お見合いのあと花香とHさんと少しでも交流をもってもらうため、
トライアルに入る前に一度うちに遊びに来ていただきました。
そのときの様子は→こちら
その後、花香と私が遊びに伺わせてもらいました→こちら
ですから、もう当日は簡単に外でご挨拶をすませお家の中へ入りました。

でも今日は、前回伺ったときとは違い、ご主人と付き添いに連れてきた長女も一緒のためか、
はたまた我が家に数日前からご滞在だったロッキーくんにストレスを感じていたのか、
2時間半の移動もありでかなり興奮気味の花香でした。

小走りに走る、吠える、唸る。
それに、みんなに見つめられては、落ち着くものも落ち着きませんよね。
そこで、花香は無視することにして、譲渡書類の説明を始めました。
説明の間も、まだ、うろうろしつつ唸ったり吠えたりしていましたが、
時間がたち少し落ち着いてきました。

そんなときに、ソファーに座るご主人の顔を、花香が見ているときがありました。
ご主人は、花香が唸らないように花香の顔を見ないようにしてくれていましたが、
こういうときが、目が合うと唸る花香にカーミングシグナルを出すチャンスなのです。
そこで、ご主人に
「ここです、こういうタイミングで唸る前にカーミングシグナルを出してください。」とお願いしました。
ご主人も花香のためにカーミングシグナルを練習していてくださっていたのです。
すると、花香は唸らずに小首を傾げてご主人の顔を見ていました。

その後、リビングで立って私と奥様が話しているときに、
花香が足下から奥様の顔を見上げたのです。
チャンスとばかりにカーミングシグナルを出していただきました。
花香はやはり唸らずに小首を傾げ奥様の顔を見ていました。
「そんなふうにして、何度も何度もカーミングシグナルを出してあげてくださいね。」
とお願いしました。

それから、間もなく吠えて唸っていた花香が、火が消えたように静かになっていきました。

花香が落ち着いたので、奥様と相談しながらリードを付ける練習をしたり、
オヤツをあげるときに手から一度落とすと警戒して少しのあいだ食べなくなるので
ちゃんと食べるまで離さないでくださいとか、
カーブをきる歩き方、
覆い被さらないようにする体勢、
お散歩の時に興奮する状況や対策、
(まずは花香との信頼関係を築きつつ、屋外でのおいで~の練習が必須だと思っています。
部屋の中ではよくできるようになりました。)
部屋の角などで追いつめられている状況を作らないように等々、
気が付いたことを長女も一緒に話しをしました。
(私だけでは思い出さないことを娘が話してくれたので助かりました。)


Eggiさんからいただいたアドバイスのリードを付ける練習です
前回も練習しましたが、ハーネスの金具の付き方の違いで少し手間取りました。
でも花香が落ち着けば、すぐにスムーズに付けられるようになると思います。
花香はばら蒔いたオヤツを食べています。
DSCF9510.jpg

そして、お散歩の練習。
私と娘は物陰に隠れて見学です。
人影も無く、お散歩ワンコも出会わなかったので順調でした。
DSCF9517.jpg

DSCF9522.jpg

ご夫婦と花香の写真を撮るころには、すっかり落ち着いていましたが、
ご覧の通りちょっと変わった記念撮影となりました。
無理は禁物ですものね。
DSCF9529.jpg

Hさん、トライアル中、どうか、花香が警戒する必要がないと分かるまで、
ゆっくりと時間をかけて見守ってあげてください。

どうぞよろしくお願い致します。

大切な伝言を忘れていました。
Eggiさんに奥様からの伝言です。

「Eggiさんはワンコの世界のヘレン・ケラーのような方ですね。
感謝の気持ちでいっぱいですとお伝え下さい。」

ほんとうに、私もそう思います。
いつもありがとうございます。


長い時間お邪魔したうえに、
昼食の心配やお心使いまでありがとうございました。
DSCF9020.jpg  DSCF9538.jpg                    
              DSCF9537.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村


考察
すみません、トライアル前の記事です。

花香のお散歩は以前に比べたら、かなり進展しましたが、
歩く日と歩かない日の差がかなりありますし、
♪行きはよいよい、帰りは・・・花香、帰りたくないの~♪という日が続いています。

今日のお散歩で、ママとベビーカーに乗った2歳くらいの女の子に会いました。
避ける場所がなかったので、道の端に寄って、
私が2人に向かい花香が背を向けるようにしゃがみました。
声をかけながらオヤツをあげていましたが、
ベビーカーの音に気づき向きをベビーカーのほうに変えてしまいました。
抱っこをしてこの場から離れようかとも考えましたが、
このままの状態で行き過ぎるのを待つことにしました。

しかし、ここまで興奮するとは思いませんでした。
やはり抱っこで移動をしてでも避けるべきでした。

以前、興奮したときには、
しゃがんだまま私と花香の位置を入れ替えたこともありました。
私のからだで遮ったわけですが、
私の横から顔を出して興奮していました。

[高画質で再生]

hanaka

[広告] VPS

恥ずかしながら、私も上ずっています。

こうなると、オヤツには目もくれません。
名前を呼んでも振り返りません。

間もなくベビーカーが行き過ぎて
直後にバイクが通りました(動画にもタイヤが少し写っています)が落ち着いていられました。
この後も、矢継ぎ早に車が通ったり自転車が通ったりもしましたが、
それらに対してはおとなしく見ていられました。

そして、この後、お散歩を続けたらお散歩ワンコが来るのが見えました。
その時は、入れる場所があったので、
私が道に向かってしゃがみ、花香が私の方を向くようにして、
オヤツに気を引きつけていましたので何事もなく過ぎました。

もう一組のお散歩ワンコには、
少しだけ道の端から入ったところで行き過ぎましたが、
花香の視界に入ったところで一声ワンと出てしましました。
ワンコに対してはとても興奮します。
ガウガウはしませんが、お互いのために避ける方が得策です。

今日は、ビックリするくらい、バラエティーに富んだ出会いがありました。

見たことの無い物を見て驚いたり、怖い物を見て動けなくなるのは人も同じです。
ベビーカーは花香にとっては衝撃的だったのでしょう。
かなり可哀想なことをしてしまいました。

ここで、思い出すのはEggiさんの「おしゃべりワンコの物思い」の記事です。

こちら→想像力のおしゃべり

そして、こちら→リハビリについての考え方。。。

保護犬の面倒をみていると、
このEggiさんの書かれた2つの記事は本当に心に刻まれます。
まして花香のように心が傷ついたワンコを見ていると頷けることばかりです。

花香にとって、大好きなパパやママと静かに安心して暮らせることが、
一番の幸せなのではと思います。


ここは、近所のドラッグストアー。
行き交う人に目が奪われてしばらくは見ていましたが、
しばらく待ってあげてから、
「こっちにいこ~」と誘ったら歩いてくれました。

DSCF9487.jpg

過去が分からない花香です。
とにかく普段から、よく観察していただくことが一番です。

そして、Eggiさんの記事にあるように、
ストレスレレベルを下げてあげることがとても大事なこととなります。
見ない触らないこともそうですが、
1日数回、短時間の刺激のないお散歩も大切です。


   
   。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。



とここまでをトライアルの前日にアップする予定で書いておいたのですが・・・


DSCF9485_20090906171233.jpg ご近所のロッキー君です。

こちらのお客様が3日からホームステイをされていまして、
都合ワンコ4匹のお散歩に追われ、とうとう記事を最期まで書ききれませんでした

そして、とうとう昨日はトライアル当日。
そのようすは、また明日ということで失礼します。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村




トライアル
花香のトライアルが決まりました。
応援いただきました皆様、ありがとうございました。

そして、なによりも花香を家族にと決心してくださったHさん、ほんとうにありがとうございます。


まずは、今日の花香

[高画質で再生]

hanaka

[広告] VPS

初めてこの道に連れてきてみました。
車や電車には何度も乗った経験はありますが、
広い道路の歩道に降ろされたのは初めてかな?


DSCF9473.jpg
  なにか考えているような横顔するんです。


興味深く、車を見ます、遠くを歩く子供を見ます。
耳は倒していません、舌もひどいひょうたん形ではありません。
息づかいもそれほど荒くありません。
けれども、
動きません。
私も一緒にしゃがみましたが、すり寄ってはきませんでした。
目の前のことを受け付けるのに夢中なのかもしれません。


      DSCF9478.jpg
              耳の形可愛いでしょ。
              時々、チロッて舌を出しているのです。


人の世界を断片的にしか見たことがないのだと思います。

いろいろなことに慣らしてあげる必要があるのですね。
ちょっとずつ。
花香の気持ちに寄り添っていきながら。

長い時間が必要でしょう。

けれども、そんなふうにしていくうちに花香は信頼するのですね。
そして、堅い絆ができるのです。


            DSCF9476.jpg

            9月5日 土曜日 大安 トライアルが始まります。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村



夏の終わりの太陽に、
あまりにも美しかったので。

愛用のFINEPIX F60 fd、結構やるじゃん自分!

続きを読む »

花香とお出かけ&是非ご覧下さい
朝晩はずいぶん涼しくなって秋が近づいた気配がします。
いつの間にか、虫の音も聞こえてきます。

昨日、旅行気分で花香と楽しんでこようとお出かけしました。

出かけた先は、先日のお客様のお宅です。
ここからは少し離れている千葉県印旛郡。
でも、電車のルートを調べたら、以外に乗り換えも少ないんですね。
通勤時間帯にもかからなかったので座って行けました。
おまけに駅までお迎えに来て頂いて、お家に着くまでのんびりでした。

閑静な住宅街。
道路がすぐ前にあるうちとは違ってとっても静かです。
こちらの方は、花香とは今日で3回逢っているせいか、
すぐにお家に入りましたが、花香の興奮はほんの少しでした。

HさんはEggiさんのブログも読んでいらっしゃるので、
ワンコとの挨拶の仕方も練習してくれています。
ゆっくり何気なく歩いたり、花香には感心のないような素振りをしてくださいました。
おかげで花香も興奮するようなことは無く、トコトコとお家の中を探検です。

花香の探検が一通り済んだころを見計らって、オヤツをあげていただきました。
練習しているように、花香の顔を見ないようにオヤツをあげてくださいました。
(とにかく花香は目を真正面から見つめられることを嫌がるのです。)

DSCF9364_20090829103118.jpg   DSCF9366_20090829103103.jpg

いつも一緒にいるうちの子たちでさえ、
花香がこれほど至近距離にくるまでには時間がかかりました。
思っていたよりも、とても早く近づいています。

Hさんは物腰が柔らくて、ゆっくりとした動作、声のトーンも高めで、
優しく花香に話かけてくださるので安心できるのでしょうね。

そして、この後は、本当に以外でした
奥様の後を追って、キッチンの中に入って行ったんです。
閉じられているような空間に人がいると嫌がるのですが、
自分から入っていくなんて。

DSCF9354.jpg

だいぶ慣れてきて、
身体の近くでオヤツをあげていただいても大丈夫。

花香が顔を見上げています。
こういうタイミングでカーミングシグナル「私は怖くないのよ、大丈夫~♪」を送ります。

その後も、ちょっと目が合ったら直ぐカーミングシグナルを送ります。
花香を離れたところから見ても、花香がこちらを見たらシグナル。
近くを通っても、花香が見たらシグナル。
いつでも、どこでも何回も何回も何度でも送ります。

花香はシグナルを分かってくれますが、
何度も送ることで、閉ざした心の扉を開いてくれます。
すると、首を傾げてこちらを見たり、同じシグナルを返してくれるようになるんですよ。

やがて、安心して、この人は怖くない怪しくないって思ってくれるようです。

DSCF9357.jpg  DSCF9359.jpg

しばらくしたら、Hさんのこんな近くを自分から通りました。

人を怖がらないワンコからは、想像できないと思いますが、
毎日花香を見ている私にとっては、このように人の側に近づくようすは驚きなのです。

DSCF9353.jpg

このあと、1時間ほど花香を預けて私は出かけてきました。
花香は電車に乗って疲れてしまったのか寝てしまったそうです。

戻ってから、Eggiさんのアドバイスのようにリードを付ける練習もしてみました。
オヤツを床にばら蒔いてリードを付けて頂きましたが、
花香がオヤツに気を取られているうちに、すんなりと着けることができました。

そして、花香のことも勿論ですが、
以前飼われていたポメラニアンのチャチャちゃんのお話を聞いたり、
ワンコを通じていろいろなことをお話できた素敵な時間でした。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村



          9fba3c53.jpg 9fba3c53.jpg 9fba3c53.jpg


是非ご覧下さい



          「さぁ~行くよ!」茨城劣悪ブリーダー・・1


現実です。
見なければいけない、知らなければいけないと強く思いました。
目を背けずにご覧下さい。

ペット里親会・上杉代表のブログは日を遡ってご覧下さい。

レスキューに参加の皆様、お疲れさまです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。