スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書の秋ですね
DSCF9974.jpg 道程(原形)  高村光太郎

 どこかに通じてゐる大道を僕は歩いてゐるのぢやない
 僕の前に道はない
 僕の後ろに道は出来る
 道は僕のふみしだいて来た足あとだ
 だから
 道の最端にいつでも僕は立つてゐる
 何という曲がりくねり
 迷ひまよつた道だらう
 自堕落に消え滅びかけたあの道
 絶望に閉ぢ込められたあの道
 幼い苦悩にもみつぶされたあの道
 ふり返つてみると
 自分の道は戦慄に値ひする
 四離滅裂な
 又むざんな此の光景を見て
 誰がこれを
 生命の道と信ずるだらう
 それだのに
 やつぱり此が生命に導く道だつた
 そして僕は此処まで来てしまつた
 此のさんたんたる自分の道を見て  
 僕は自然の廣大ないつくしみに涙を流すのだ
 あのやくざに見えた道の中から
                                生命の意味をはつきり見せてくれたのは自然だ
                                僕を引き廻しては眼をはぢき
                                もう此処と思ふところで
DSCF9978.jpg さめよ、さめよと叫んだのは自然だ
 これこそ厳格な父の愛だ
 子供になり切つたありがたさを僕はしみじみと思つた
 どんな時にも自然の手を離さなかつた僕は
 たうとう自分をつかまへたのだ
 恰度その時事態は一変した
 俄かに眼前にあるものは光りを放射し
 空も地面も沸く様に動き出した
 そのまに
 自然は微笑をのこして僕の手から
 永遠の地平線へ姿をかくした
 そして其の氣魄が宇宙に充ちみちた
 驚いてゐる僕の魂は
 いきなり「歩け」といふ声につらぬかれた
 僕は武者ぶるひをした
 僕は子供の使命を全身に感じた
 子供の使命!
 僕の肩は重くなった
 そして僕はもうたよる手が無くなつた
 無意識にたよってゐた手が無くなつた
 ただ此の宇宙に充ちみちてゐる父を信じて
 自分の全身をなげうつのだ
 僕ははじめ一歩も歩けない事を経験した 
 かなり長い間
 冷たい油の汗を流しながら
                                一つのところに立ちつくして居た
                                僕は心を集めて父の胸にふれた 
                                すると
DSCF9966.jpg 僕の足はひとりでに動き出した
 不思議に僕は或る自憑の境を得た
 僕はどう行かうとも思はない
 どの道をとらうとも思はない
 僕の前には廣漠とした岩畳な一面の風景がひろがつてゐ 
 る
 その間に花が咲き水が流れてゐる
 石があり絶壁がある
 それがみないきいきとしてゐる
 僕はただあの不思議な自憑の督促のまま歩いてゆく
 しかし四方は氣味の悪い程静かだ
 恐ろしい世界の果へ行つてしまふのかと思ふ時もある
 寂しさはつんぼのやうに苦しいものだ
 僕は其の時又父にいのる
 父は其の風景の間に僅しながら勇ましく同じ方へ歩いてゆ
 く人間を僕に見せてくれる
 同属を喜ぶ人間の性に僕はふるへ立つ
 声をあげて祝福を伝へる
 そしてあの永遠の地平線を前にして胸のすく程深い呼吸を
 するのだ
 僕の眼が開けるに従って
 四方の風景は其の部分を明らかに僕に示す
 生育のいい草の陰に小さい人間のうぢやうぢや匍いまわつ
 て居るのも見える
 彼等も僕も
                                大きな人類といふものの一部分だ
                                しかし人間は無駄なものを棄て腐らしても惜しまない
                                人間は鮭の卵だ
DSCF9971.jpg 千万人の中で百人も残れば
 人類は永久に絶えやしない
 棄て腐らすのを見越して
 自然は人類の為め人間を沢山つくるのだ 
 腐るものは腐れ
 自然に背いたものはみな腐る
 僕は今のところ彼等にかまつてゐられない
 もっと此の風景に育まれて
 自分を自分らしく伸ばさねばならぬ
 子供は父のいつくしみに報いたい氣を燃やしてゐるのだ
 ああ
 人類の道程は遠い
 そして其の大道はない
 自然は子供達が全身の力で拓いて行かねばならないのだ
 歩け、歩け
 どんなものが出て来ても乗り越して歩け
 この光り輝やく風景の中に踏み込んでゆけ
 僕の前に道はない
 僕の後ろに道は出来る
 ああ父よ
 僕を一人立ちにさせた父よ
 僕から目を離さないで守る事をせよ
 常に父の氣魄を僕に充たせよ
 この遠い道程の為め
 (「美の廃墟」に発表) 
 


 



空がとっても青いから
花香 里親募集中です。



応募はこちらから
CATNAP小さな命を救うネットワーク







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村



オヤツ♪
台風が近づいていますが、小雨のときもあって
そんな時をねらってワンコたちのお散歩に行きました。

ですから、時間にしては10分くらいかな。
それと玄関から庭に出て正味10分、くんくんしてもらって、ワンズには我慢してもらいました。
でも、これだけでも溜まるストレスは違うみたいですね。

人もストレスが溜まっているときって、
いつもだったらスルーできることが引っかかりますよね。
ワンコも同じなんですね。
あれ,今日はなんで吠えるの?    とか
いつもだったら○○しないのに。   なんて
思うことが続いたらちょっと注意みたいですよ。
ワンコにもストレスが溜まらないようにしてあげないとね。



では、夜の長女と花香のからみ。

お風呂上がりの長女は念入りにお肌のお手入れ中
DSCF9881.jpg



花香から近づいた(←ここ、大事)のでオヤツをあげました、
それと「花ちゃん、いいこ~♪」とやさしく声をかけるのも忘れずにね。
花香から近づいたときは無条件でオヤツをあげています。
友好の印

もちろん、よく長女は「はなちゃ~ん、おいで~♪」と呼んでオヤツをあげてもいます。
おかげで「おいで~♪」には、必ず反応してくれるようになりました( ´艸`)
ご褒美

長女のことは安心して近づける人って分かってくれました。
そして、長女の「花ちゃん、おいで~♪」の次にはいいことがあるって覚えたんですね。

DSCF9864.jpg



DSCF9878.jpg



「わたしにも~」 「もっと~」 オヤツは大好きね。
DSCF9858 (2)




アノネ、オヤツ スキ
花香 里親募集中です。



応募はこちらから
CATNAP小さな命を救うネットワーク







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村



花香の瞳 & 必見
DSCF9788.jpg 

 お散歩に連れ出すと、
 こんなに素敵な瞳で自分の周りを見ています。
 好奇心旺盛でキラキラと輝いている瞳です。

 顔付きも変わりました。
 うちに来た当時は、
 何に対してもハッキリしないようでした。
 今思うと、狭いところに閉じこめられて、
 考えることもなく過ごしていたから、
 目の前で起こることに
 すぐに反応できないように
 なっていたのかもしれません。

 花香は生きていてよかったなんて、
 自分の運命のことなんてまるで
 分かっていないはずです。
 でも、今は、
 生きていることを存分に楽しんでいると思います。



DSCF9044.jpg



 ふうとは仲良く寝てみたり、
 オヤツを一緒に娘の手から食べたりしています。

 うちに来た当時は、
 歩くこともなかったらしく、
 走り方がちょっと重くて変わった走り方をしていました。
 でも、今は、
 家の中を軽快に走り回ることができるようになりました。






どんな人が私を迎えに来てくれるのかな。
花香 里親募集中です。



応募はこちらから
CATNAP小さな命を救うネットワーク







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村




9fba3c53.jpg 9fba3c53.jpg 9fba3c53.jpg


【必見】


犬と関わる全ての方

自分の愛犬ともっと幸せな暮らしをしたい方

保護犬と暮らし始めた方

保護犬を預かる方

必見です

414ZPi3R7wL.jpg
カーミング シグナル 
著者:テゥーリッド・ルーガス 
翻訳:石綿 美香


b-calm.jpg
犬語の世界へようこそ
著者:テゥーリッド・ルーガス 
監修:テリー・ライアン
翻訳:山崎恵子


〈カーミング シグナル〉 

犬が自分を落ち着かせると同時に、
相手の人・犬を安心させ落ち着かせるために発するシグナル
いわば、お互いの命を守るために「事が起こる」ことを防ぐためのもの。

犬が感じたストレスを自ら和らげるために発するシグナル

それは、犬が、犬や人と友達になるための手段、無駄な争いを避けるための手段。


☆彡 *.:*:.。.:  ☆彡 *.:*:.。.:  ☆彡 *.:*:.。.:  ☆彡 *.:*:.。.:  ☆彡 *.:*:.。.:


ルーガスさんが書かれたこの本は躾本ではありません。
人と犬がお互いに理解しあい、尊重しあうための手引書です。

犬を本当に愛するということはどういうことなのか分かります。
飼い主と犬が、お互いに幸せと感じる暮らしはどういうものなのか答えがでてきます。
犬語であるカーミング シグナルを読み取ることで、愛犬との心の距離が縮まります。


愛犬がカーミング シグナルを発するのはどうしてなのか、
どうか読み取ってあげてください。


私がカーミング シグナルを大切に思うのは、
愛犬といつも一緒にお互いに幸せな気持ちで暮らしていきたいからです。
生と死の紙一重のところをさまよった保護犬のストレスをわかってあげたいからです。
ストレスを理解してあげて、里親さんと赤い糸が繋がるまで、安心して暮らさせてあげたい。
そんな、単純な思いからです。

そして、自分と犬、お互いを大切にすることの意義を解説してくれたのが、
《元祖★おしゃべりワンコの物思い》
~ワンコの世界を正しく知って、ワンコが安心出来る思いやりのある飼い主になりましょう~、
を書かれた、ウィーン在住のペットドッグトレーナーのEggiさんです。
丁寧に、犬の気持ちを、犬のために代弁してくださっています。
私はEggiさんに出会わなければ、犬のことは何もわからずにいたことでしょう。

ここでは、あえて”犬”と書いていますが、
犬を犬と呼ぶことをためらうこともなかったことでしょう。




「花ちゃん歩こう歩こう実行委員会」 
先日の”折りたたみ傘”の練習ですが、
ちょっと考えるととても無駄なような馬鹿らしいような気がすると
思われた方もいらっしゃったのではないかと思います。

だって、傘差しちゃえばいいんですから。
ワンコなんてすぐに慣れるし とか、
人がワンコの顔色うかがうなんて とか、
時間ないし とか、
思いは様々でしょう。

でもね、それが大きな間違いだって分かりました。
こういう一見つまらない練習ことこそ、ワンコとの強い絆ができる小さな積み重ねなんですね。
練習をしていくと、今まで見えなかったワンコの気持ちが見えてくる。
ワンコと気持ちが通じたような一体感を感じたり、
「信頼関係」ってこういうことなんだって、
言葉だけでは言い現せない繋がりを感じることができました。

おまけに恐がりワンコに自信がついてくる。
人も自分に自信がつくと変わるでしょ、ワンコも同じなんですね。
練習の効能は、傘が怖くなくなるという成果が得られるだけではないのですね。
ふうを見ていてわかります。
時間がたって、大人のワンコになっただけじゃない、
ふうの心の変化が行動に現れてきています。

ふうみたいに怖がりワンコで無い子や、こんな練習をする必要が無い子でも、
注意深くワンコの表情を見てあげてくださいね。
何かしらワンコが嫌がっていることがあるかもしれません。
それをしないだけでもワンコは安心して、信用を深めてくれるはずです。


恐がりワンコにとって、生活に必要な怖い物を克服する(慣れる)練習は、
ワンコに自信がつき、”信頼関係”を深めていくのにとても役に立つとも、
教えて下さったのが《おしゃべりワンコの物思い》を書かれたEggiさんです。



花香にしても然りですね。



さて、お散歩では、行きはよいよいの花香さんです。
でも、帰りが怖いと思っているのは、むしろ仮母です。
時にとてもよく歩く花香の勢いで、遠くまで行ってしまうと、
家に辿りつかないという笑えない結果が待っています

DSCF9742.jpg

花香は、行きは大変よく歩いてくれます。
しかし、一旦歩道に出て行きたいところまで歩くと、

   お座り 右見て・左見て~

   向きを変えて 見る

   お座り 右見て・左見て~

   またまた、向きを変えて 見る

   同上 繰り返し
   
   ずっと繰り返し 座ったまま

しばらく一緒にたたずんだりもしますが、些かお散歩になりません。
午後の散歩では、夕飯を作る時間も迫ってきます。
焦る仮母をよそに、右見て・左見ての花香さんです。
業を煮やした仮母に抱っこをされて家に帰ったこと数回。
普段は3メートルのリードを使い、帰り道は呼び戻しの繰り返しで帰ります。
これが、また、なかなか時間がかかります。

なぜ、花香は座り込んで動かないのでしょう。
考えましたが、やっぱりこれしか理由が思い当たりません。

人と歩くことを知らない。

人と歩くことなんて、ワンコならば当たり前と思われることですが、
散歩をしたことがなければ、人と歩かないのが当たり前。

でも、ここまでの子も少ないのではないかと思います。

当然お散歩は毎日行っていますが、微々たる進歩というところでしょうか。
あ~だけど、遅すぎる、とおっしゃらないでくださいな。
今までは、人は怖くないんだよ~と分かってもらうのに一生懸命でしたので。

しかし、流石に呑気な仮母も、これではイカン!なんとかせにゃと思うようになりました。
これも、花香が人に対して警戒心を解いてきたとの判断からです。

そこで、名付けて 「花ちゃん歩こう歩こう実行委員会」 を立ち上げました。
代表兼会員・仮母一名の委員会ですが、目標と日々の反省会は行っていくつもりです。
目標は近い目標がいいよね ポリポリ (・・*)ゞ

それでは、まずは当面の目標を立ててみました。
1、一緒に歩くといいことあるよ、を覚えてもらう。
2、歩くのは気持ちがいいよ と感じてもらう。

なんと漠然とした目標、人柄がでます、がはは。

いや~、やってるんだけどな~毎日。
花香は一緒に歩くということができないのですよ、仮母のことは怖がっていないんですがね。
家の中では、仮母の側にくるといいことがあるのはよくご存じですし。
それでは、とりあえず、始めてみますか。

って、何を?

まずは呼び戻しからかな~
7mのロングリードを使っています。

[高画質で再生]

呼び戻し

[広告] VPS

↓名前を呼んだあと、後ろ向きで早足で歩きましたが着いてきません。
ふうにしてもそらにしても、
私がコンセントレーションワークで歩けば確実についてきますが花香は止まります。
私がご褒美をもっていることも知っていますが。

[高画質で再生]

呼び戻し2

[広告] VPS


ちょっと見ると、結構、良い調子でしょ。

でもね、なんで花香はコンセントレーションワークをする私について来ないのでしょう。
止まるのですよ。
ただ、着いていくことを知らないだけではない 何か。
大好きなオヤツも持っていること知っているわけですし。

・・・それは、花香がまだ完全に人を信用していないということでしょう。
当然、仮母との信頼関係も です。




DSCF9751.jpg

 今日、届きました~
 まだ、ペラペラとめくって見ただけなので、
 今夜ゆっくり楽しみます。
 オールカラーで写真付きでしたよ。



カーミング シグナル by.テゥーリッド・ルーガス



お散歩できないけど、性格はいいのよ
花香 里親募集中です。



応募はこちらから
CATNAP小さな命を救うネットワーク







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村





花香のトライアル中のようす
里親希望だったHさんから、花香のトライアル中の報告メールを使わせて頂くことを、
快諾して頂きましたので今日はその様子をお伝えします。

この写真はトライアルが始まって2日目の写真をいただいたものです。

108.jpg

さて、そんな調子でサークルの中で朝を迎えたので、どんなに恐怖が残っているかと思いきや、
ぐっすり眠って疲れがとれたのか、こちらの心配をよそにサークルの扉を開けるとスタスタと出て来ました。

ご機嫌も良く、手からこそおやつを食べませんが、私のすぐ近くまで寄ってきて食べます。
カーミングシグナルも何度も交わしていくうちに、早くもすっかり私のストーカーになってしまいました。

主人は、なるべく無視を決め込んでおりましたが、花香ちゃんが近くへ寄って来てながめているので、
無視出来ず、嬉しそうに目をパチクリしてつたないカーミングシグナルを送っていました。


Hさんはトライアル当日、花香をリラックスさせようと外へお散歩に連れていってくださいました。
しかし、慣れない場所と里親さんに連れられて、
お散歩ワンコさんを見た花香は興奮してしまったようです。

どのワンコも慣れるまでには時間がかかります。
焦らずゆっくり時間をかけてお付き合いしていただくことが仲良くなる近道です。

008.jpg
 
 1週間後
 
 本日、いよいよデッキへ出そうとしたところ、
 南側の広いデッキへはどんなに誘導しても出てくれず、
 無理強いしても良くないので、
 西側の狭いデッキへ花香ちゃんと出ました。
 天気も良く、幸い日陰になっているので、
 暑くなく二人で30分ほどデッキにいました。
 花香ちゃん最初は、落ち着かない様子で
 よく動きまわっていましたが、
 まったくプライベートな空間なので、
 人影もないので、安心して庭を眺めながら
 外の空気を満喫している様子でした。



一週間がたち花香もずいぶんHさんに慣れた様子です。
けれども花香は人の手をとても怖がります。
こんなに短い時間で、
Hさんに足をかけたりしながらオヤツをもらえるようになるとは思いませんでした。

人懐こいワンコを飼われているかたには想像もつかないと思いますが、
仮母の手からオヤツを食べるときにも、未だに目をつむって怖そうな顔で食べるときもあるのです。

    009.jpg

この一週間、私から見て、花香ちゃんはいいこ過ぎるほどいいこで、
優しくて健気で花香ちゃんを思うと涙が出てきます。
本当は甘えたいのに、本当は愛されたいのに、
どうしていいかはわからないし怖い、そんなふうに感じます。


           014.jpg

Hさんの書かれた通りです。

自由になった自分の身の置き所がわからずなかなか安心できない。
この人は自分には何も危害を加える人ではない、ということがわかっても、
それ以上どうしたらいいのか分からないのです。

けれども、その過去の暗い心の穴を埋めてくれるのは、
優しい里親さんの思いやりと、
時間なのでしょう。

Hさん、ご協力ありがとうございました。
花香には本当に良くしていただきました。
帰ってからの花香は以前と変わりなく元気に過ごしています。





怖くないってわかっているんだけどな~
花香 里親募集中です。



応募はこちらから
CATNAP小さな命を救うネットワーク







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。