スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタイの

8日はアニーの不妊手術でした。
初めて家に連れて来たときは、
車の中ではガタガタ・ブルブル怖がって震えていましたが、
今では安心して乗っていてくれます。
病院へ向かう車中では、こんな感じでしたよ。

DSCF4323.jpg

そして、術後2日目

アニー、痛くて所在ないのね。
分かるよ、
でもね、
ベッドにちょこんと乗せたおしりと、ゲージから出たしっぽが可愛いくて。

DSCF4337.jpg

ベッドが狭くて寝られないのかと思い、
バタバタするのも可哀想だけど、
ベッドを出して、マットにしてみました。
そしたら、今度はズ~っと立っているんです。
ですから、またベッドに戻しました。

で・・・

心配でまた覗いたら、
今度はこんなんでしたぁ。
あご乗せ・しり乗せで立ってます。
え~っ
どう見ても、寝た方が楽そうなのに。

DSCF4342.jpg

そして、数時間が過ぎ~
よかった、やっと普通の体勢。
ホッ

DSCF4343 (2)



                
          じっと我慢の子であった、アニー里親募集中
                   
                        応募はこちらから
                  CATNAP小さな命を救うネットワーク

                     


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように
   クリックお願いします



スポンサーサイト
 
NoTitle
ライ麦さん、
連絡メール、有り難うございました。

アニーちゃん、今日はもう痛みは和らぎましたか?

術後のワンコを目前に見るのは、辛いですけれど、
でも、入院しているワンコを思いながら案じるよりも、
自分で看てあげられる分、安心度が違いますよねッ。
おまけに、ワンコのストレス度も違うでしょう。

獣医さんだって、ただの人間(他人)ですから、
愛犬を看病するようには、看てくれないと思うので、
(入院患蓄が多いのなら、尚更)
大事なワンコを任せっきりには出来ません…
と言うのが、本音です~v-16
Re: Eggi様
こんばんは~e-291

アニーはすっかり元気になりました。
でも、普段たまに出ていた声が出ないので、まだお腹に響くのでしょうね。
もう少しの辛抱ですね。
ご心配ありがとうございます。

> 術後のワンコを目前に見るのは、辛いですけれど、
> でも、入院しているワンコを思いながら案じるよりも、
> 自分で看てあげられる分、安心度が違いますよねッ。
> おまけに、ワンコのストレス度も違うでしょう。

はい、本当にそうですねe-51
訳も分からずお腹が痛いうえに、自分の知らないところにいるよりも、
お家に居られたほうが、どれだけワンコが安心していられるか。
家族も、術後、何かあったらどうしようとも心配もしますが、
側で看てあげられるほうが、辛さもわかってあげられますしね。
お互いに側にいられたほうが、心強いし絆が深まると、つくづく思いますね 。
ワンコの病院が嫌いになる度合いも違うでしょうねe-257
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://hauptteig24.blog77.fc2.com/tb.php/92-6fd7ea1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。