スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せはすぐそばに
梅の花も咲きそろい、
早いもので、花香がトライアルで家を離れてから二ヶ月がたちました。
正式譲渡から一月半。

里親A様から何度もメールをいただき、
その都度、なんて花香は幸せワンコさんなんだろうと心暖まる思いでした。



A様とお見合いをしたときは、
まだ、警戒吠えをする花香でした。

私は以前のトライアルの時にEggiさんから頂いたアドバイスを参考に、
できればトライアルになるまでに何度か花香と会っていただいて、
お互いに顔見知りになることを提案させていただきました。

ありがたいことにお見合いのときに、
トライアル前に会っていただけることにご理解していただけました。
また、その日、ご家族で話合ってくださって、
トラウマのある花香をご家族で面倒を見て下さるというお返事を頂きました。

そして、カーミングシグナルの本も購入して、勉強もしてくださいました。

正直とても嬉しかったです。
ご家族で花香を迎える心の準備をしてくださることは、
ご家族にとっても花香にとっても、とても大切なことだと思っていました。

たかが5㎏のポメラニアン、ではないのです。
たとえなんでもない子だとしても、
ワンコさん1匹がお家の中に入ってくることは大変なことです。

誰かお一人でも、花香を認めていただけなかったら、
花香の幸せはないだろうと思っていました。

DSCF1267_20100306115054.jpg

DSCF1270.jpg 2度目に花香と会ってくださったときです。



何度か会っているうちに、
花香もA様は自分にとって怖い対象ではないとわかってきたようです。

優しく名前を呼んでもらって美味しいオヤツ。
ワンコのマナーも守ってくださいました。

DSCF1419_20100306111913.jpg



トライアルに行く前日

DSCF1705.jpg

お散歩も上手になってきたので、
近所のお地蔵さんまでご挨拶に行きました。

DSCF1725.jpg



トライアル当日
pruuさん同行ありがとうございました~
pruuさんにもオヤツもらっていましたね。

DSCF1903.jpg



トライアルに入ってからも、お仕事があってお忙しいところ
なんども花香の様子をメールしてくださいました。

P1060142.jpg

 散歩はお外大好きで、
 おうちに入りたがらず、
 通り越したり少し手前を行ったり来たり・・・。
 近くて遠い我が家です。
 今日も朝3~4時間歩き回り、
 玄関前で1時間位おすわり。
 茶畑の道と違い、道幅が広くオープンの
 ガレージのお宅が並んでいるので
 様子を掴むのに頑張っているように
 見受けられます。
 





P1100142.jpg 
 花香ちゃんの夜の散歩はチュチュ
 おやつで家まで誘いながら
 1時間半弱で戻って来れました。
 玄関の階段上りに慣れてきて、
 横向きになりながら
 今までで1番スムーズに中に入れました。
 自力で、しかも階段を上りながらという
 2つのハードルを
 越えつつあるのかなと感じました。

 今日は、
 主人の手からおやつを食べてくれた
 記念すべき日にもなりました。
 写真を見てくださいね。

 




P1100147.jpg

 お散歩から帰って来てお腹が満ちたら
 床に座っていた私のそばに来て
 自分の顔をすりつけたり
 私の顔に鼻でキッス、そして前におすわり。
 後ろを振り返って「ねえ、どう?」と言いたげな顔、
 ハーネスの辺りがかゆそうだったので
 なでられるかなと少し手を動かしてみましたが、
 時期尚早の感じがしなくもなかったので、
 じっとしていることにしました。

 私が足を伸ばしたら、傍らにねそべってきました。
 1分ほど足に体をくっつけた後、
 自分のベッドに寝に行きました。






P1240022.jpg 夜のお散歩の後、
 ハーネスをはずしてみました。
 今朝、
 両足を入れるタイプのハーネスをつけ、
 ピンクのリードで散歩に行きました。

 つける時は、
 例のごとくはしゃいで動き回るので、
 主人と二人で大笑いしながら
 やっとの思いでつけました。

 ブラッシングも
 十分にできるようになったので
 フワフワです。抱っこ大好きで、
 隙あらばおねだりです。
 お口のお掃除も
 上手にできるといいですが・・・。




お父さんの手からたくさんおやつを食べています。
私の姿が見えないと怖いのですが、
ソファーに座るとき「花ちゃん、しょば代ね」とあげるせいか、
テーブルの下にいられるようになりました。
まだワンワン言いますが、上出来だと思います。



私と花ちゃんはラブラブなので、
男二人は「抱っこしたい」と騒いでいます。
「来た早々、甘い。徳川家康になりなさい。」と
母は檄をとばしております。







決して楽なトライアル期間ではなかったと思います。
むしろ、とても大変だったはずです。

お散歩一つとってもそうです。

ご主人様にも警戒吠えをずっと発してもいたはずです。

それでも、その花香を受け入れてくださり、
可愛いと言ってくださいました。



A様が花香の気持ちを考えて思いやり持って接してくださったからこそ、
花香が心を開いたのだと思います。




花香の幸せは、
私の思いもしなかった、
家からさほど離れていないところにお住まいのA様が、
暖かい手を差し伸べてくださいました。





この次ぎ会えることがあったら、
花香は私のことを覚えているだろうか。
いえ、覚えていなくてもいいです。


花香は幸せなのですから。






A様、ありがとうございました。
どうぞ、花香のことをよろしくお願いいたします。




ワンコの世界を正しく知って、思いやりのある飼い主になりましょう
と教えてくださったEggiさん、ありがとうございました。


ここまで拙いブログを読んでくださった皆様、
ありがとうございました。





スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。