スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロビン トライアル開始

昨日、ロビンを里親さんのところに連れていきました。
家から車で2時間弱、埼玉県上尾市
車中、ロビンは静かに寝ていました。

里親さんとロビンは、お見合いで会っていますが、
初めてのお家なので、外でご挨拶をしました。

「ここは、どこ?」

「ここは、貴方のお家よ。」

大丈夫、やさしいお父さんとお母さんそしてお兄さんに守られて、
声を奪われた小さな命は、きっと幸せになると信じます。

DSCF8807.jpg

お家に入ってすぐに探検です。

リビング、和室、そこはキッチンよ
戻ってきて。

DSCF8804.jpg

抱っこに緊張しています。
ごめんね、記念撮影なの。

DSCF8812_20090731091859.jpg

ロビンの話、書類の説明が終わり、私は帰る時がきました。

「バイバイ、元気でね。」
私の精一杯の言葉です。
できるだけ明るくさよならを言います。

ロビンは一緒に帰ろうと後を着いてきます。
預かりをしていて一番辛いときです。

でも、私よりも辛いのはロビンです。
保護センターから家にきて1ヶ月、やっと家にも私にも慣れてきたところです。
いくら優しいお父さんとお母さんでも、
またもや慣れるまでの日々を送らなくてはなりません。



〈これから、保護犬を迎えてくださろうと考えている方へ〉

家族とお家が変わるということを、
言葉の分からないワンコは、何が起きているのか理解できません。

どんなにか心細いことでしょう。

人は落ち着かなくてビクビクしているワンコを見ると、
寂しそうだからとか、
早く安心させてあげたいとか
思うことでしょう。

でも、大きくても小さくてもワンコはワンコです。
こんな時は、そうっと、静かにしてあげてください。
ワンコから近づいてくるのを待ってあげてください。
ワンコは人を見ています。
この人は、安心できる人だろうかと。
もしも、ここで無理をすると、ワンコはとても恐がります。

以下は、私の相談に答えてくださったEggiさんからの返信の一部です。

人間の思考とワンコの習性の違い~
可哀想な子だから、
大切に優しく接してくださいと言われた方は文字通り、
大切に優しく接するのですが、
でも、人間の考える優しさが基本になっていますから、
ワンコさんとの気持ちの溝が大きくなってしまうのです。


今日の、Eggiさんの続★おしゃべりワンコの物思い★も見てください。
男の人が苦手なワンコでも、ワンコマナーを守ってあげれば
お父さんの側を離れないそうです。


一つ屋根の下でワンコと暮らすのであれば、
人がワンコの気持ちを理解してあげることで、
お互いが平和で楽しい暮らしができると、
近頃、つくづく思うのです。


お土産と保護犬の為にと寄付を頂きました。
寄付はCATNAPの保護犬・猫のために使わせて頂きます。
ありがとうございました。
DSCF8830_20090731141238.jpg  DSCF8831_20090731141251.jpg

一昨日、庭で遊んだロビンとふうです。

DSCF8784.jpg

DSCF8792.jpg

ワントリオの記念撮影
なかなか、面白いトリオでしたよ。
個性豊かで、だれ一犬として同じような性格ではありませんでした。
でもね、ほとんど喧嘩には発展しなかったんですよ。
ロビンが一番やんちゃでしたけどね、男の子だもんね。

DSCF8694.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村


続きを読む »

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。