スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっ!!!と、 おどろく~♪ 
DSCF8596.jpg


DSCF8597.jpg

花香ちゃんで~す

DSCF8640.jpg

19日から我が家にご帰還しました。

えっと、なぜかと申しますと~
私が花香の性格を正確に把握出来ていなかったということです。
ダジャレている場合ではございませんね。

でも、本当にそうなんです。
花香にもK様にも、何も問題はありません。

思い当たることはただ一つ。
よくある不幸な勘違い(クリックしてね)
おしゃべりワンコの物思い”でEggiさんが書かれています。



花香が怖がっているというトライアル中の報告を聞き、
いろいろ思い出してみました。

センターから引き出されて、
すぐにトリミングをしてもらい、迎えに行ったとき、
いい子でトリミングはさせてくれたそうですが、
花香の態度を見て”怖がっている”と思ったこと。

それなのに、
家に居たときは私たち家族にとても懐いていたので、
恐がりの面をもっていることをあまり気に止めていませんでした。

花香は気が向くと、家族の誰彼構わずまとわり付いていましたし、
抵抗もなく、大人しくシャンプーも耳洗浄もさせてくれました。

でも、確かに物音や偶然上から手を出すようなシチュエーションがあると、
耳を後ろに寝かせ、片足を上げ、目をぎゅっと閉じて、
身を斜めに引く動作はしていました。
怖がっている動作です。

また、私たち家族は、保護犬は慣れるまでほとんど抱っこはしません。
抱っこをしなければならないとき以外は。
ワンコはこの人は安心と思えるまで、抱っこには恐怖を感じていると思います。

かなり慣れてきて抱っこがきらいでない子だけ、様子を見ながら抱っこするのです。
それも、何秒も抱っこしていませんし、おとなしく抱っこさせてくれたら、
必ず”ありがとう”のお礼にオヤツをあげるのです。

ですから、家にいた期間の短かった花香は、
散歩に出るとき、帰って足を洗うとき、耳洗浄、ブラッシング等
必要最低限しか抱っこはほとんどしていませんでした。

それなのに、私はお見合いのときに花香の様子を注意して見ることもなく、
里親希望のK様ご家族に抱っこをして頂いたり、
顔を見ることも気をつけて頂くようにお願いをしませんでした。

花香の性格の良さだけしか見ていなかったことが原因です。
この、お見合いのときに、花香はK様に警戒心を持ったとしか思えません。
ワンコは賢いです。
この時のことを覚えていたのでしょう。

そして、今日のEggiさんの記事にもあるこちらも読んでみてください。

K様のお宅に行った翌日から、花香はご家族を警戒するようになりました。

K様と花香には、本当に申し訳ないことをしました。

お嬢さんの涙を決して無駄にしないように、
花香には幸せになってもらいますね。

どうか、花香の里親希望の方がいらっしゃいましたら、
ぜひこちらを訪問されて、花香が警戒をしないように対応をお願い致します。
現在、花香はのびのびと、以前と同じ様子で暮らしています。
ワンコマナーを守って頂ければ、花香は安心して笑ってくれます。

DSCF8636.jpg


おまけ

この写真は、今日の11時10分ころです。
そう、日食の真っ最中。
曇っていて涼しかったので、ワンコ3番目のお散歩はこの時間でした。

急にカラスが騒ぎ出して、花香は背負っていた尻尾が下がってしまいました。
何となく空気も冷たくなって、明るさも無くなってきていました。
花香も動物の勘で何か尋常ならない雰囲気を感じていたのでしょうか。

DSCF8644.jpg

低いところの雲が、風で流れて切れたときに、
上空の薄い雲に透けて日食の様子が見えました。
また低い雲がすぐに流れてきたので、欠けた太陽はちらっと見えただけでしたが、
なんとも不思議な風景でした。




                  応募はこちらから
            CATNAP小さな命を救うネットワーク

               



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ←赤い糸が繋がりますように、
    ぽちっとお願いね。
にほんブログ村


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。