スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
折りたたみ傘 Vol.4
コマがひとつ進みました。

「開いた傘は怖くない」
というところまで漕ぎ着けました。
そうなると、コマは「さした傘は怖くない」に進みます。

ここで一人反省会をひらきました。

前回の「開いた傘は怖くない」の練習のとき、
開いた傘の回りにオヤツをばらまいて、だんだんに傘の中にオヤツを置く、
というところまでは私でも考えつきました。

でも、Eggiさんからのアドバイスと、私の考えたことと大きく違ったところは、

Eggiさんのアドバイス~
ふうちゃんが自分から、ライ麦さんの側に来るまで待ってあげてくださいね。
です!!

怖い物の側に無理矢理呼ぶのではなくて、
ワンコが自らママの側に行こうと、一歩踏み出し、来るまで待ってあげる。
同じ近寄るにしても、
呼ばれた気持ちと自主的に行くワンコの気持ちには、大きな隔たりがあります。

結論、
私はまだまだワンコの気持ちへの配慮が足りないな~ということです。

DSCF5546.jpg

そして、もう一つとても大切なこと、
怖いものの側にただ座っているだけでも、
信用されていないと、ワンコは近づいてくれない

開いた傘の側で座っていた私はドキドキでした、
来てくれるかな~・・・・・
テーブルの向こうから様子を伺うふう、
根気比べのような状態でもありました。

でも、ここは21年間、子供達との根気比べをしてきた私です。
ふうを信じて静かに待つことにしました。
そして、やっとふうが私のもとに来たのが前々回の記事です。

嬉しかったです、ふうがこちらに向かってきたときは。

DSCF5545.jpg

いよいよ、「さした傘は怖くない」にコマが進みました。
難題です。

Eggiさんのアドバイスから
☆3.開いている傘の中で、オヤツを食べられるようになったら、
☆2.から入って、
座っているライ麦さんが、開いた傘を持って、自分の肩にかけてみてください。
そして、また、ふうちゃんが自分から、ライ麦さんのところにオヤツを取りに来るのを待ちましょう。


このときふうは、傘の中のオヤツを食べられても、
側にいる私が傘の骨の先に指をかけただけで、オヤツを残し去っていってしまいました。

これは、多分、ふうが傘を怖がるとは全く考えていなかった私が、
ふうの前で傘を広げてしまった雨の日のことが忘れられないからでしょう。

イタッ
いつ、どうやって、傘を肩にかけようか(~ヘ~;)ウーン

やはりここは、慎重に、慎重に、
掃除機の慣れについては、オリーブさんにもコメント頂いていました。
それまではるっくんを脅かしたり怖がらせないように
それはそれは細心の注意を払いましたけど(^_^)


”細心の注意”です。
理屈で考えてしまうととても面倒くさいけど、
思いやりの心で考えると、当たり前のことだと至極納得します。

DSCF5548 (2)

慎重に、慎重に、3日間

開いた傘の中のオヤツを、食べに来たふうの側にはいつも私がいます。
始めは傘の骨の先に指をかけたり、傘の柄を指で触ってみたり。

傘の柄を持って少し浮かせたときには、飛び退くように逃げてしまったりもしましたが、
慣れていっているという手応えも感じました。

そして、3日目
傘の柄を持って動かしても、昨日のように逃げなかったので、
いよいよ傘を肩にかけてみることにしました。

傘は肩にかけますが、背中側に背負うようにして、
正面から見たら、傘は河童の甲羅のような状態です。

もう一つ、変えたことはオヤツです。
ふうの大好きなおやつ、アイスです。

「来たら、アイスのオヤツだよ。」と、
手に持ってるのが見えてるということは、オヤツで釣ってるってこと?
でも、今までのことを振り返ると、ふうは傘のそばにいる私からオヤツをもらって、
私がオヤツを持っていることは承知のこと。
~正攻法だよね、うんうん。
と、この件に関しては勝手に納得をしました。


        つづく

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。