スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リズのストレス
今までの生活や、身に起こった出来事が、リズの身体を蝕んだ。
どれだけストレスを抱えるとこんなになるんだろう。
やせっぽちは勿論、脱毛・痒み・ふけ・歯槽膿漏で前歯が2本ない。
それでも、まだ、保護犬の中では状態はいいほうだ。
でも、性格はすこぶるよい子。
気持ちのほうも、だいぶ落ち着いてきているらしく、
呼ぶと、お尻に巻き込んでいた尻尾をフリフリするようになった。


「リーズちゃん、あーそーぼ」
(古い、古すぎる、私が子供のときは、家の外から大きな声で叫んで友達をさそいました。
いまは、ピンポ~ン♪ですよね。)


DSCF2185.jpg

えーとさ、リズちゃんはワンコさんだから、ボール遊びとか、引っぱりっことか…
そっか、そういう遊びしたことないんだね。
じゃ、教えてあげる、楽しいんだよ。
て!!!


DSCF2195.jpg

痒いのね、でもね、お医者さんが何度も調べてくれて、疥癬とかじゃないってさ。
ちゃんとご飯を食べて、ゆっくり寝て、お薬とシャンプーで痒いのは直るって。
掻き壊すと、尚更痒いのよ。
うちのおねえさんが小さいとき、リズちゃんみたいにとっても痒かったの。
仮母は掻き壊さないように、いつもいつも掻いてあげてたの。
だから、”掻き”はプロよ、任せなさい。


DSCF2204.jpg

痒いのも辛いのよね~

DSCF2212.jpg

はいはい、今度はあごですか?

DSCF2173.jpg


”ワンコもストレスを感じている”
神経質な子はストレスで身体を壊し、死んでしまう子もいるそうです。
軽いストレスから、重いストレスまで、
口のきけないワンコは、ちゃんと 身体の動き(カーミングシグナル)で表します。
それを教えてくれたのが、
ウィーン在住のペットドッグトレーナーのEggiさんのブログ
おしゃべりワンコの物思い」です。
愛するワンコとの、やさしい暮らしかたのヒントが
ブログのあちこちにちりばめられています。
是非、遊びに行ってみて下さいね、
あなたと愛犬との距離がぐっと近くなりますよ 

ちなみに、ワンコのストレスについて書かれた記事はこちら「ワンコのストレス



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。